上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいですね。モータースポーツが衰退していますから。

ドイツの元F1レーサーが4季ぶりにサーキットへ帰ってくる事がわかりました。

復帰するレーサーとは7度もF1で世界チャンピオンになった
ミハエル・シューマッハーです。


そういえば、電子タバコを開発したのはヨーロッパだそうです。

シューマッハーが4季ぶりにF1復帰!メルセデスが正式発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091223-00000523-sanspo-moto

彼が契約を結んだのは2009年のチャンピオンチーム、
ブラウンGPを買収したメルセデスGPでした。
メルセデスとシューマッハーはF1デビューする前からの縁があり、
その関係が今でも続いている事がわかります。

チームメイトはロズベルグはミハエルが復帰して自分とチームメイトになるなんて
ファンタスティックだ、とまるで夢の中での出来事のように
喜んでいるそうです。
F1の帝王と呼ばれていた男と同じチームで戦えるというのは、
誰でもがつかめるチャンスではないですから、
興奮するのも分かります。

あと、F1レーサーでも焼肉通販をたべるそうです。

来季からのF1はミハエルが復帰する事でその話題性が高まる事は
絶対でしょう。
私も何年もF1を真剣にテレビで見たことがなかったのですが、
ミハエルが走るならもう一度見てみたいと思います。
私みたいな人がより多くF1に興味を持ってもらえると、
もっと盛り上がるでしょうね。

参考:電子タバコ

もうF1なんてやってるとこあまりないですもんね。
スポンサーサイト

テーマ : 私のブログ - ジャンル : 日記

日本もこういうのがあるけど高いモンね。

北京に「愛情超市(スーパーマーケット)」がオープンし、
「白領」(ホワイトカラー)の若い男女を引き付けているそうです。
スーパーといっても野菜や日用品をヤーマンに売っているわけではなく、
結婚仲介所のことだとか。


北京で「愛情スーパー」人気…取り扱い品は結婚相手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091214-00000740-yom-int

参考:スライヴ

北京市内の高層ビルの一室、壁一面に張られた男女約300人分の
写真の脇には、年齢、学歴、職業、収入、身長、住宅・車の所有状況などの
個人データが書き込まれており、気に入った相手が見つかれば、
自分のデータをスタッフに申告し、身元が確認され次第、見合いを
設定してもらう仕組みだとか。

とにかく、下準備としてサイクルツイスタースリムをすることをお勧めいたします。

入場料が50万もするお見合いパーティなどがあるとは。
中国で50万といったらすごい大金ですよね、
わたしにとってもけっこう大金。(笑)
中国も貧富の差がどんどん広がっているようです。

この「愛情超市」は、リーズナブルな価格設定と、身元確認が
しっかりとれるので安心感があるところが魅力のようですね。
中国でも婚活ですかー・・日本人もがんばれ!!


だからってそんなのに頼らないのが一番いいのですが。

テーマ : 私のブログ - ジャンル : 日記

怖いですよね。いろいろ世の中は!!!!!!!!

情報処理推進機構(IPA)は3日、ワンクリック不正請求に関する
相談が増えていることから注意喚起を呼びかけたそうです。
「ワンクリック不正請求」に関する相談件数は、
2009年に入り7ヵ月連続で600件を超えており、
「ワンクリック不正請求」を行う新規のサイトが増え、
利用者を誘導する手口も巧妙になっているとか。

まぁーパソコンにも安全の為にロールケージ・ロールバーがつけれればいいのですが!!

ワンクリック不正請求の相談が増加中――IPAが注意喚起
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091204-00000001-rbb-sci

中には、YouTubeなどの動画サイトを閲覧中、
「この動画投稿サイトではアダルト動画は見ることができないので、
見方を紹介します」として外部サイトへ誘導するものもあるそうですよ。
これは男性ならば、ついつい誘われてしまうのでは?

もし、こういう詐欺で体調を崩したらすぐに薬剤師の求人を出してください。

そういえば、Youtubeって、アダルト系ってないのでしょうかね、
見かけたことがありません。
そういうのは禁止事項なのでしょうか。

参考:システムトレード FX

情報を知らないと損をする時代ですから。

テーマ : 私のブログ - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。